旦那に内緒でキャッシング

キャッシングしたい
貸金業法の改正以前は消費者金融でキャッシングをしているのは主婦が一番多いと言われていました。
しかし、貸金業法の改正により消費者金融でキャッシングをするときは年収が必要となったためパートやアルバイトをしている兼業主婦は個人名義での申込はいままでどおり可能ですが、収入のない専業主婦は個人名での借入ができなくなりました。
ただ消費者金融で専業主婦が御金を借りるのが全くできないということでもなく、総量規制の「除外」のなかの「配偶者貸付制度」を利用すればキャッシングは可能になりますが、条件として配偶者の同意が必要なことや、融資限度額は配偶者と本人の収入を合わせた3分の1以内となるのでこれまでのように本人名義で申込ができなくなっているので旦那に内緒でといったことは不可能になっています。
また消費者金融にもこの「配偶者貸付制度」で融資をしているところもありますが、提出書類の審査に時間がかかることから採算が取れないため、現在扱っている消費者金融の申込先が少なくなっています。
この貸金業法の総量規制は消費者金融だけが対象になり、銀行カードローンは銀行法が適用されるので貸金業法の影響は受けません。
そのため銀行カードローンには専業主婦の商品があり、年収がなくても審査に通ればキャッシングは可能で、たとえば楽天銀行の「カードローンBIG」やイオン銀行のカードローン、みずほ銀行カードローンなどそれぞれの銀行が独自の基準を設けて専業主婦専用のカードローンが用意されています。

関連記事

続きを読む

銀行にお金を借りる

銀行カードローンの選び方
お金を借りたいと思ったとき、住宅ローンやマイカーローンなど多額のお金を借りたいときは銀行で借りるというのが一般的ですが、銀行にはこのような目的ローン以外にカードローンがあります。
銀行の目的ローンの場合は多くの書類や担保、保証人などを用意して申込みをすることになります。
融資が決まればあとは返済を続けるのみになりますが、カードローンは無担保でお金が借りられ、融資限度額が決まるとその範囲内で何度でも借りられます。
お金が必要になったときはすぐに限度額の範囲内でお金が借りられるので、日常生活のなかで急にお金が必要になったときでも、余裕を持って生活ができます。
カードローンは大手銀行や地方銀行、信用金庫などでも申込ができ、カードローンの顧客獲得に積極的になっているので申込をすれば融資が受けられる可能性は高く、同じキャッシングでも消費者金融と比べて低金利でお金が借りられるというメリットが有ります。
なかでも最近人気が有るのがオリックス銀行のカードローンで、金利は3,0%〜17,8%融資限度額800万円という商品です。
オリックス銀行をおすすめするのは返済や借入れに利用する提携ATMがセブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行など約9万台のATMが手数料無料で利用できるということで、お金を借りても金利以外に不必要な経費がかからないという大きなメリットが有ります。

関連記事

続きを読む

ローンカードの金利比較

キャッシングをはじめるとき、できれば金利の低い銀行ローンカードということを考えますが、最近は銀行も小口金融に力を入れていることから銀行カードーローンでも金利やサービス面での比較ができるようになっています。

銀行ローンカードはそれぞれの銀行で独自の基準があるため、それぞれの銀行で金利が違いがありますが、金利の比較をするとき。知っておかなければならないことがあります。

たとえば、消費者金融の下限金利4.7%~上限金利18.0%と前後とほとんど同じですが、

現在一番金利の低いと思われる住信SBI銀行ローンカードの金利は下限金利1.99%~上限金利7.99%となっています。

金利は初回申込時や日常生活で借りる程度のお金の金利は上限金利で比較することになり、この場合消費者金融の上限金利18.0%と住信SBI銀行ローンカードの上限金利7.99%の比較になり、その差は約10%になるので長期返済を考えている人はこの金利の差が大きく影響してきます。

また高額融資を受けるときは、下限金利で比べることになりますが消費者金融の金利と銀行ローンカードの金利はどこのローンカードを調べてみても銀行ローンカードの方が有利になりますが、銀行によっては融資するお金はその銀行口座に振り込まれるので口座をもっていることが必要になったり、低金利になるほど審査がきびしくなりある程度の属性が必要なことや、申込には年収制限が加えられているローンカードもあるので、申し込み前にそれらの条件を調べておく必要があります。

関連記事

続きを読む